コストを抑えたリフォームを!

リフォームでコストを抑える方法は?

リフォームで受けられる補助金について

リフォームで受けられる補助金について 長く住んだマイホームは、経年劣化で色々なところが傷んでいると感じている方は多いです。
そんな古い建物を住みやすい環境に整える対策として行われているのがリフォームですが、リフォームには様々な補助金や優遇制度がありうまく活用することで費用を抑えることができるメリットがあります。
では実際に受けられる補助金には、高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業などが挙げられ、壁や床、屋根や窓などに断熱材を取り入れることで、一定の省エネ効果が見込まれる場合に1戸建てなら最大120万円、マンションは一戸につき最大15万円が支給されます。
他にも1戸建てに限り、家庭用蓄電システムや家庭用蓄電設備を導入した場合にも、最大20万円の補助が受けられます。
最も利用されているのが介護リフォームであり、加齢や病気で要支援・要介護の認定を受けている人が住む住所に限り、住宅改修を行う場合に最大18万円の支援を受けることができます。

建物のリフォームではどんな自治体の補助金が使える?

建物のリフォームではどんな自治体の補助金が使える? これから家のリフォームを検討している方の中には、予算のことで頭を悩ませているケースがあるかもしれません。
そんな方には、住んでいる自治体の補助金を活用して、賢いリフォームを実現するとよいでしょう。
例えば一般の住宅街が目立つ郊外エリアの自治体では、バリアフリー化にともなう住宅改善事業や、省エネルギー化を目的とした効率的なエネルギー活用推進助成制度、あるいは民間住宅やマンション耐震化を目指した改修助成など、充実した補助金制度が目立ちます。
その一方で中高層住宅が密集するエリアを抱える自自体の場合には、環境対策や耐震化あるいは防災対策につながる助成制度が充実。
屋上のリフォームであれば、調査設計をはじめ防水設備工事や緑化造成及び潅水施設設置に至るまで、幅広くトータルな工程が対象になります。
また防災対策としても、マンション共用部分リフォーム支援やそれに関連する利子補給制度、耐震化でも木造住宅等耐震改修工事等助成など、地方公共団体の地域特性に合わせた手厚い助成制度が目立ちます。

Copyright © 2022 コストを抑えたリフォームを! all rights reserved.